2016年07月25日

送信側1台、受信側8台で同時にスイッチのON/OFFを切り替える機構探しています。

送信側1台、受信側8台で、同時にスイッチをONからOFFに切り替える機構を無線スイッチで探しています。
御社の無線スイッチで対応可能でしょうか?スイッチは電池タイプを希望です。

------------------------------------------------------

送信機1台→受信機複数台を一斉にオンオフ操作するは可能です。

送信機側のオンオフ操作は、
1.送信機に接点信号が入力されることにより自動的に電波を発信する。
2.手動のリモコン、押しボタン操作で電波を発信する。
の2通りがございます。


また使用する電波の周波数によって、送信機〜受信機までの操作距離が、
10〜20m前後
100〜300m前後
に2つの種類をご提案できます。


以下が商品のホームページアドレスになっております。

通信距離 10〜20m前後
1.無線式電源ON/OFFシステム(近距離無線方式)
携帯リモコンで、受信機のスイッチを切り替えます。

2.近距離無線式接点信号転送スイッチ
接点信号を受けて送信機が電波を発信、受信機が電波を受けると接点信号を出力します。



通信距離 100〜300m
1.構内用携帯型無線式緊急通報システム(特定小電力無線)
携帯式の持ち歩き式スイッチで、受信機の接点信号などを操作します。

2.接点入力型無線自動通報システム(特定小電力無線)
接点信号を受けて送信機が電波を発信、受信機が電波を受けると接点信号を出力します。
送信機は電池式にすることもできます。
posted by syouryokukataisaku at 11:45| 微弱無線式接点信号転送スイッチ

2016年06月21日

接点信号で作動する固定式無線送信機とリモコンの両方から受信機の接点出力オンオフ操作をすることができます。


据え付け式無線送信機と携帯式リモコンの両方から、無線スイッチの接点出力のオンオフ操作をすることができます。
据え付け型無線送信機(AC100V電源式)
各種機器の無電圧接点出力信号(無電圧a接点信号)を受けて無線接点スイッチに電波を送信します。
独立送信アンテナ1個付属。


大型無線式ON/OFF操作リモコン(無線送信機内蔵)
ボタンを押して電波が送信されると小さな赤色LEDが点滅します。 各機器との無線通信距離は平均10〜20m。
青ボタン−オン用押しボタン
赤ボタン−オフ用押しボタン
ボタンの直径は14ミリ。 自動復帰式ボタン。(指を離すと内部のスプリングで元に戻ってくるボタン)


無線接点スイッチ
据え付け式無線送信機、もしくはリモコンからの無線による指示で内蔵の接点リレーをONにします。
回転灯など有線式警報機と接続する事で 無線指令で機器を動かす事が出来ます。
送信機〜無線接点スイッチまでの電波通信距離 20〜30m
※但し通信距離は設置環境により変わります。
接点出力:右の写真、接点スイッチ内
a接点出力(警報時に内蔵リレー短絡)
接点容量:AC100V/1A


近距離無線式接点信号転送スイッチ

送信機を各種設備装置の接点出力端子に接続固定します。
送信機が各種機械の無電圧接点信号を受けると、電波で離れた場所にある接点スイッチへ自動通報、
無線による指示で接点スイッチ内蔵のリレーがオンオフ切り替えされます。
posted by syouryokukataisaku at 11:47| 微弱無線式接点信号転送スイッチ

2013年06月06日

パナソニック製のスイッチに無線送信機を接続した例。微弱無線式接点信号転送スイッチ


パナソニック製のスイッチに無線送信機を接続した例。
※スイッチの仕様によってはそのまま無線送信機をつなげることができない場合があります。



スイッチのオンオフ操作が行われると、2秒程度送信機内部の赤色LEDが点滅して無線発信が行われます。
スイッチをオンにすると無線接点スイッチから出力が行われ、スイッチをオフにすると出力が止まります。

微弱無線式接点信号転送スイッチ
無線式送信機に接点信号(無電圧a接点信号)が入力されると電波を使って無線通報、
離れた場所にある無線接点スイッチの接点出力リレーのオンオフ切り替えが行われます。
送信機〜接点スイッチまでの通信距離10〜20m前後(微弱無線方式)。
posted by syouryokukataisaku at 15:42| 微弱無線式接点信号転送スイッチ