2016年09月28日

ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システムのご利用方法

最後に発信した安否メールの1時間後に、1時間以内に人感センサーが人の動きを検知しているかを通報機がチエックします。 センサーが人を感知していれば最後の安否メールの1時間後に安否メールを発信します。

(対応の例)
夜9時頃就寝して、翌朝6時頃に起床されるお年寄りの方の場合。
安否メールがいつもであれば毎日6時頃に着信するのに今日は来ない。
8時頃まで待っても安否メールが来ないようであれば、お年寄りのご自宅に電話をして安否を確認します。

その他に、在宅のはずにも関わらず、 何らかの原因で長時間(12時間、24時間など)に安否メールが1通も着信しない時にも自宅に電話をして安否を確認してください。
以上のような対応で早期発見が可能となります。


ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム

2016年09月26日

ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム

一人暮らしの高齢者の安否を自宅の居間に設置した人感センサーが人の動きを検知し、登録者に自動でメールする先進のシステムです。 この事により異変の早期発見が可能になります。

モバイルメールで安否確認の連絡しますので固定電話回線の無いアパートやマンションでもご利用いただける一人暮らし高齢者安否確認システムです。
最後に発信した安否メールの1時間後に、1時間以内に人感センサーが反応しているかを機械がチエックします。 センサーが人を感知していれば最後の安否メールの1時間後に安否メールを発信します。



ソフトバンクまたはNTTドコモ携帯電話サービスエリアであればどこでも使うとができます。

1.電話もインターネット回線も現地に必要ありません。
  3G 内蔵通信アダプターを使用しているため、固定電話は必要としません。ソフトバンク携帯電話の電波が届くところであればどこでも使用可能です。
2.意識することなく生活になじみます。
  人感センサーが人の動きを検知し、離れて暮らす登録者の携帯電話やパソコンにメールで知らせます。そのためスイッチを押す等の操作は全く不要です。
3.人感センサーは首振り対応
  人感センサーは首振り機構を採用しているため±20 度の範囲で向きを変えられます。カメラは搭載していません。
4.配線工事費がかかりません。
  人感センサーは装置と一体のため配線工事費が掛かりません。
5.誰でも簡単に設置できます。
  装置は小型・軽量のため付属金具を使ってピンで壁に固定することができます。そのため賃貸住宅等での使用に適しています。

ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム